iPhoneについて

iPhone3GS

iPhone3GSには、初めて日本で販売されたiPhone3Gと異なる点がいくつもありました。

まずは性能面。iPhone3Gと比べて、携帯電話として全ての処理機能が高速化して、最大で2倍の速さで処理をすることが実現しました。そして、携帯電話の永遠の問題と言ってもいい、バッテリー寿命。これもiPhone3Gと比較すると極端に寿命が延び、処理機能の速さと同時に利用者のストレスを減少させる要因になりました。

性能面以外にも、機能面がさらにバージョンアップしました。まずはビデオ撮影機能。一般的に使用されているビデオカメラとほぼ変わることのない鮮明度で動画撮影が可能となりました。この点も今では当たり前となっていますが、新たな常識を発明したiPhoneは革命であったと言えるでしょう。そして、音声コントロール。この音声コントロールは文字を打ち込むのではなく、iPhoneに話しかけた言葉が文字化されるという機能です。機能自体は画期的でしたが、この音声コントロールは誤作動も多く、今の音声コントロール機能と比べると劣るものとなっていました。

しかし、毎年発売されているiPhoneはまだこの世の中にない機能を発表するという大きな期待が持たれています。新iPhoneを待ち続けるユーザーは今なお多いと言ってよいでしょう。


≪ iPhone・スマートフォン関連情報 ≫
iPhoneを始めとしたスマートフォンの性能は進歩的ですが、長年使用していくとバッテリー消耗や破損などが生じ修理が必要になることもあるでしょう。特にiPhoneは緻密な構造のため、専門業者へ依頼する方法がベストと言えます。こちらはiPhone・スマートフォンの専門修理業者で、サイトでは具体的な修理メニューなどを確認することが出来ます ⇒ iPhone修理